富士虎『天明』酒造り体験記その①~稲刈り~

 

黄金色の田んぼで酒米の稲刈り

すべての始まりはここから。

富士虎が酒造りのお手伝いをさせていただいた『天明 中取り弍号 純米吟醸生酒 おりがらみ本生』が、

2012年の幕開けを告げる新酒として届きました。

奧会津の酒蔵・曙酒造へ通い、昨年9月の稲刈り、11月の仕込みに参加。

複雑かつ精緻な仕事によって醸され、蔵人の愛情をたっぷり受けて日本酒は造られていました。

 

 

 

奧会津を囲む山々の緑が深く色づく頃、酒米を栽培している田んぼは黄金色に秋化粧します。

『天明』ブランドを仕込む曙酒造は、地元・会津坂下で育った酒米を使用。

もちろん、収穫した米だけでなく土壌の段階から放射能検査を受けています。

富士虎が酒米の稲刈りに伺ったのは、昨年9月のこと。

 

曙酒造では稲刈り体験イベントを毎年実施し、今回も県内外から多くの人たちが参加していました。

稲刈りは鎌を片手に刈っていく単純作業の繰り返しですが、

所々に深く根を張った雑草が現れて刈りを邪魔します。

さらに稲が直接肌に触れると、そこが痒くなることも初めて知りました。

機械を使わずあえて手で刈ることで

「自分が刈った稲がどんな酒になるのだろう」というワクワク感も味わえます。

酒造りの第一歩は稲刈りから。

その後、原料米は酒蔵へと運ばれ、

雑味の原因となる糠(ぬか)を削る精米作業に移ります。

 

>>>>>>>>>>>>>>その②へ続く