【会津】元祖「冷やしラーメン」 いしやま

 

 「天明」の曙酒造や「飛露喜」の廣木酒造がある会津坂下町。以前は名物料理として竹原の〈馬しゃぶ〉と〈馬肉の中落ち丼=どてちん丼〉を紹介しましたが、暑い夏にぴったりの冷涼メニューを発見! いしやまの「冷やしラーメン」は昭和29年から続く、知る人ぞ知るトラディショナル・フードです。

  会津地方は喜多方をはじめラーメンが有名な土地ではあるが、

「冷やしラーメン」の存在は会津坂下に行くまで知らなかった。

山形には「冷たいラーメン」があるが、どうやら発祥も作り方も別物らしい。

 戦前はかき氷屋だったという「いしやま」は、外観も内観も昔ながらの定食屋さんだ。

元祖「冷やしラーメン」は、この店で昭和29年の冬に誕生した。

店員さん曰く、

「婆さんの友達が風邪で喉が痛く、熱いスープはすすれないから冷やして出してくれと注文を受けたのがキッカケ。それが予想以上に美味しかったみたいで」とのこと。

まさに偶然の産物だ。

特徴的なのは

磐梯西山麓の湧き水を使って豚でとるダシのみで仕込む、透き通ったあっさりスープ。

3日間かけて油抜きしているため、冷やしても油は浮いてこない。

浮いているのは氷だけだ。

麺は縮れ細麺。

のど越しの良さを大切にしたいからという理由で、

季節によって麺の太さを微妙に変えているそう。

あっさりながらも旨味がぼやけない冷製スープが、

こだわりの麺に絡みツルッと喉を通る。

美味い!

具材はチャーシューとメンマ、きざみ生タマネギのみ。

まさにシンプル・イズ・ベストを具現化した乙なラーメンだ。