日本酒マガジン

藤沢 学

藤沢 学

http://www.facebook.com/hyougemono1

会社員。革命的反富士虎派飲酒元青年主義者同盟所属。そろそろ酒を控えねばと思いつつ、なんだかんだと呑んでおります。主に酎ハイと焼酎&泡盛ロック。行きずりの店ばかりです(例外アリ)

2018年6月
« 6月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

下北沢・山角



この街では老舗のおでん屋(一軒しかないけど)へ久々に行ったら、オカーサンの姿がなかった。自分はこのヒトがちょっと苦手で、なんだか気詰まりなので足が遠のいてしまった。いままで見かけたことのない永六輔似のオトーサンが若いバイトと悪戦苦闘していて、この店はあのオバチャンで保っていた、あのヒトの店だったのだと気付いた。オトコ所帯は時として武士の商法に陥るのであった

昔なつかしい『細うで繁盛記』みたいに、オンナのヒトががんばればがんばるほど、よい店になるのかもしれない。もちろんオンナによりけりだが、「山角」はオンナのヒトたちが三人でいい店をつくろうとしている。自分にはそう思える。呑み屋である前に定食が充実したメシ屋である。まともなオンナはただ酒を呑むのではない、メシを食うのだ。つまらないこだわりや道楽で店をやるのではなく、三度三度の食事をアタマに置いているのだと思う

さりとてこの店でまだゴハンを食べたことはない。ゴハンというのは米のメシを指す。オカズを肴に酒だけ呑んでいる。酒に汚いので、ゴハンは邪魔でさえある。シメにゴハンという習慣もない。この店に来て、そういう呑み方はいけないような気がしてきた。まともに生きている人間は、日々のメシのためにゴハンを食べるものなのである。オトコの店ではなかなかそういうキモチにはならない。この店が長く続くなら、オンナのヒトたちの店がおふくろの店になるのだろう。ランチを始めたので、ゴハンだけ食べに行ってみようと考えてはいる

 

BGM:カーリー・サイモン/Let The River RunYouTube Preview Image