日本酒マガジン

横山 拓也

横山 拓也

「日本酒の謎を解き明かしたい・・・」岐阜県にて焼き物の仕事をしています。飲んだ日本酒や行った居酒屋、酒にまつわるあれこれを紹介していきたいと思います。

2017年6月
« 3月  
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930 

第15話 ランドスケープ  「遊穂(石川)純米無ろ過生原酒」



今日のお酒は遊穂純米無ろ過生原酒です。

 

 

 


一台の自転車が走る。若者と私を乗せて。彼は、村のはずれを散歩していて道に迷ってしまった私を乗せてくれた。街まで連れて行ってくれるという。田園風景の中の一本道をひた走る。通り過ぎる稲穂が美しい。全く意味はわかっていないのだが、私達はいくつかの言葉を交わした。
夕暮れ時のどこかを、風を切って私たちの自転車が走る。

 

 

 

 


小高い丘の横を通り過ぎた。私を乗せてくれた彼がどこから来たのかはわからない。年から見るとたぶん学生で、学校から家に帰るか何かなのだろう。見慣れない外国人の私を乗せ、彼は少し誇らしげだ。私は自転車で高校に通学していた時のことなどを思い出していた。懐かしく、心地良いスピード感だ。一本道の向こうに街らしいものが見えてきた。彼は前を指差して「もう少しだ!」らしきようなことを言った。私はよくやってくれたと彼の肩を叩いた。街に着いたらジュースでもご馳走してあげようと思う。

 

 

 

 

津田清和さんのガラス小鉢をぐいのみに、と遊穂

この遊穂純米無ろ過生原酒の味わいをスケッチするとこんな感じでしょうか。とても美味しいです。酸味と甘味のフレッシュなバランスが、様々なあのシーンを何層にも渡って引き受けていく・・・そんなお酒です。かんぱちの刺身と共に呑んでいます。

 

ほとばしるオレたちの「無ろ過」な疾走感
是非、遊穂純米無ろ過生原酒を

 

 

全速力で未来を追い越す一杯を!
ガリレオ・ガリレイで「管制塔」

YouTube Preview Image by yoko_deco